高血圧に対する正しい知識とセルフケア

高血圧ってどんな症状?

「高血圧」という言葉が普及して久しくなりますね。メタボリックシンドロームや生活習慣病など、様々な病気の引き金にもなるものですが、何が原因でどのような症状出るのかについてご紹介します。

血圧って何?

私達の体は様々な器官により支えられていますが、中でも血液は大切な働きをしています。血液は体中を巡りながら必要な栄養分や酸素を供給し、老廃物を運び排出する働きもしています。その血液は、圧力をかけられ血管を流れることで体を巡回しています。

この圧力のことを血圧と言います。心臓が収縮し血液を最大に送り出す時点を収縮期血圧(最高血圧)、拡張し血圧が最小になる時点を拡張血圧(最低血圧)となります。この血圧は環境や体調により変化します。運動した後や緊張している時は血圧は高くなり、眠っている時やリラックスしている時は低くなります。

健康診断の際に血圧を検査する機会があるかもしれませんが、ご自分の血圧の状態をチェックしてみましょう。

・診察室で測定した場合
最高血圧140mmgHg
最低血圧90mmgHg

・家庭で測定した場合
最高血圧135mmgHg
最低血圧85mmgHg

を越える場合は高血圧と診断されます。

どんなリスクがあるの?

高血圧の状態が長く続きますと、様々な病気を引き起こすことがあります。例えば、脳梗塞や脳溢血などの血管に関する病気の原因となることがあります。血圧が高くなりますと、その血圧に血管が耐えられなくなり破裂してしまうのです。これらの病気は発症すると死亡するリスクが高く、一命を取りとめたとしても後遺症などが残ってしまうこともあります。ぜひ、早めにケアしたいですね。

症状が重い場合は薬などを処方されることもありますが、副作用などもありますので食事療法などを取り入れながら早めにケアすることをおすすめします。一般的に治療には味付けを薄めにした減塩食が効果的と言われています。しかし、すぐ効果が得られる訳ではありません。血圧が少し高いかな?と感じられている方は、今日から少しずつ生活習慣や食事の内容を改善するよう心がけてみましょう。

早めに高血圧を治療・予防し、病気を改善、予防しましょう。

高血圧とは、現代病と呼ばれる命に関わる心臓病や脳疾患になるリスクの高い症状です。遺伝や体質によるものから生活習慣や普段の食事に由来するものなど、原因や治療法は様々です。治療、予防のためにまずは、原因を調べましょう。ガイドラインなども参考にしながら、早めに対策をして改善したいですね。

具体的に高血圧を改善するためには、食事療法が効果が高いと言われています。減塩食と呼ばれることもあり、塩分を抑えた食事を摂るよう医療機関で勧められています。自炊される場合は、調理方法や味付けを工夫して美味しく食べながら続けたいですね。

他に、生活習慣で気をつけたいポイントや適度に運動をして改善する方法などもご紹介します。ぜひ、ご自分にあった方法を見つけましょう。